農村地域づくり

 地域農業の衰退、農村集落・農村社会の疲弊が進んでいることから、農村の維持発展を目的として、他地域との交流や地域資源を活用したビジネス展開などへの助言など、市町が行う地域づくり計画作成や推進を支援し、農村の有する資源を最大限に活用した『地域みんなが住み続けたい“むら”づくり』を推進します。

農村地域づくり支援

 当機構では、地域の特徴を生かした農村づくりへの市町の取組みを支援するため、市町が地域の将来計画を策定するにあたり、当法人の各種事業等を一体的に活用する提案や地域の課題に応じた専門家の斡旋を支援します。
 また、兵庫県では、過疎化・高齢化により農村の維持が困難になりつつある集落において、都市住民の力を借りて農村集落の活性化を図り、都市住民と農村住民の交流を目的として、農村ボランティアの募集や都市農村交流バスの支援を行います。

農地の有効活用を支援します。

 地域の農地を将来にわたり活用・保全できるよう、当機構が地域主導の話合いを促し、活用すべき農地の明確化とその活用に向けた事業メニュー等を提案するとともに、棚田を核とした地域振興を促進するため、棚田地域の交流・学習会などを支援

  • いきいき農地バンク方式
  • 農村地域づくりの取組
  • 棚田地域の交流・学習会を実施

地域課題への対応

地域の課題に応じた専門家の斡旋を支援します。

  • 棚田地域の振興計画作成を支援する専門家を派遣