いきいき農地バンク方式

の農地をまるごとかす「いきいき農地バンク方式」

「いきいき農地バンク方式」 とは、

 いきいき農地バンク方式とは、地域の農地を将来にわたり活用・保全できるよう、集落合意のもと、地域の活用すべき農地の全てを農地バンク(農地中間管理機構)が借受け、地域の担い手の状況やゾーニング意向に基づき農地の貸付けを行うもので、担い手と自給的農家、土地持ち非農家等がそれぞれの役割を担いながら、地域全体で農地の有効活用を図るための農地バンクの活用手法です。

「いきいき農地バンク方式」イメージ

「いきいき農地バンク方式」のポイント

~ まずは地域の話し合いから! ~

❶ 地域の現状・課題を共有し、地域みんなで将来計画を話し合い(人・農地プランの場等活用)
❷ 農地利用のゾーニング゙や、担い手と地域の役割分担(草刈り・水路管理等)も整理
 (多面的機能支払交付金、中山間地域等直接支払交付金等も有効活用)
❸ 地域の合意に基づき“活用すべき農地の原則全て”を一括して農地バンクへ貸付け
❹ 当面自作希望の自給的農家や担い手の農地も借受け対象(多くの農業者が事業に参加)

「いきいき農地バンク方式」の期待される効果

~ 地域の可能性が拡がります! ~

❶ 多数の農業者によるバンクの一括活用で迅速・効率的なゾーニングや集約化が可能
❷ 当面自作希望の農業者も将来のリタイヤ時の不安が無く引き続き安心して営農
❸ 草刈り等の役割分担により担い手は地域の農地を最大限に活用可能
❹ 受入団地のゾーニングにより外部からの新たな担い手(集落営農法人・企業等)の確保が可能
❺ バンク活用で基盤整備事業・機構集積協力金等の対象にも(別途要件あり)

「いきいき農地バンク方式」の情報

「いきいき農地バンク方式」の実践事例紹介

事業担当者専用サイト

公益社団法人 ひょうご農林機構

公益社団法人
ひょうご農林機構 農地対策部
農地活用課

078-361-8114

お問い合わせ

事務局での
ご相談・お問い合わせ

最寄りの窓口を探す

上へ戻る
上へ戻る

公益社団法人 ひょうご農林機構
農地中間管理機構

〒650-0011 
兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目7-18
TEL:078-361-8114 
FAX:078-361-8128

Copyright © 公益社団法人 ひょうご農林機構 兵庫県農地中間管理機構.
All rights reserved.